こんにちは!ななみです。


ebay輸出に取り組む時に意識することの1つに、「自分のセラーレベルがどこなのか」という点が挙げられます。




ebayでは以下3つのセラーレベルがあり、必ずこの3つのどこかに入っています。

  • Below Standard(標準以下)
  • Above Standard (標準)
  • Top Rated Seller(標準以上)



Below Standardになるとebay内でのSEO検索でひっかからなくなったり、出品している商品が表示されなくなってしまうため、売り上げがガタ落ちになります。




私はこのレベルに落ちたことはないのですが、落ちた人の話を聞くと、売り上げが3分の1以下に落ちたということでした。




また、リミットが下がったり手数料が高くなったりします(>_<)  ebayでビジネスをしていく上でBelow Standardは、絶対に落ちてはいけないレベルです!!!




Top Rated Sellerになると、手数料が優遇されたり、ebay内のSEO検索で優遇されたりします。




自分がどのレベルに入っているのか、どうすればAbove StandardからTop Rated Sellerになれるのか、逆にBelow Standardに落ちてしまうとどのようなリスクがあるのか。。。




今日はセラーレベルについて説明していきます。

セラーレベルについて



ebayにアカウント登録した時は、全員Above Standard(標準)からスタートします。


そこから取引をこなしてき、取引内容が良いとTop Rated Sellerに上がり、悪いとBelow Standardに落ちます。




Top Rated Sellerは、通称TRSと呼ばれ、ebay内での取り引きにおいて優良なスコアを維持しているセラーとして、ebayに認められているという証拠になります。TRSのセラーには出品ページにこのようなバッジが付いてます。



テキスト



自分のセラーレベルの確認方法は、ebayにログインして my ebayのところから確認してくださいね。

My eBay > My Account > Seller Dashboard


テキスト




Current Seller Levelというのは、現在のセラーレベルを、If we evaluated you todayのところは、翌月20日に評価するとすればこのセラーレベルになりますよ、という予測が表示されています。




ebayでは、毎月20日評価の見直しが行われ、20日を過ぎると前の1ヶ月の取り引き状況に応じてセラーレベルの見直しも自動で行われます。



セラーレベルの評価基準



では次にセラーレベルを決める評価基準について説明していきますね。

ebayではこちらの5項目が評価基準として設定されています。

  • Transaction defect rate:取引ディフェクトレート(欠陥率)
  • Late shipment rate:発送遅延の割合
  • Cases closed without seller resolution:セラーの解決なしに閉じられたケース
  • Tracking uploaded on time and validated:有効な追跡番号を期日内に反映
  • Transactions and sales:取引と売上





これらの各項目についてebayが定めた割合、又は件数でセラーレベルが振り分けられます。



Transaction defect rate:取引ディフェクトレート(欠陥率)




テキスト



取引の欠陥率とは「在庫切れによる取引のキャンセル」「セラーが解決できなかったケース」の2種類です。1年間の取引数の中で、不具合の割合が2%を超えると、Below standardに落ち、0.50%以下であれば、Top-ratedを維持することが出来るという意味になります。




不具合の割合が2割を超えるとBelow standardになってしまうということは、デッドラインは100件中2件という事になります。ですので「在庫切れによるセラー都合のキャンセルは絶対に行なってはいけない」ということになりますね。




無在庫でebayに取り組む場合、在庫切れは必ず起こる事故のようなものです(._.) そこをどう切り抜けるかと、この2%という割合は常に意識しておきましょう!



Late shipment rate:発送遅延の割合






テキスト



ebayではハンドリングタイム(バイヤーが入金してから商品を発送するまでの日数)をセラー自身で設定することができます。このハンドリングタイムを守っている割合がこちらに表示されています。ハンドリングタイムを超えて商品を発送した場合、遅延率が加算されていくのですが、遅延率が3.00%以下であれば、Top-ratedを維持することが出来ます。




ちなみにこの評価項目は、Top RatedAbove Standardの二種類しか設定されていません。




恐怖のBelow Standardは設定されていませんので、少し心に余裕を持てる項目ですね(*^_^*)



Cases closed without seller resolution:セラーの解決なしに閉じられたケース






テキスト

こちらの項目は、「商品が届かない」「商品説明と異なる商品が届いた」「届いた商品を開けてみたら壊れていた」などの理由で、バイヤーがセラーに対して、ケースを開いた場合の、解決度合がカウントされています。




ケースが開かれた場合、まずはセラーとバイヤーの2者間で問題解決するよう話し合いをします。




解決方法として、返品を受け付けます一部返金します返送料はセラー負担とします 等の解決策をバイヤーへ提示し、バイヤーが了承してくれるよう全力で対応するのですが、何らかの理由で話し合いがこじれたり、バイヤーが納得せず日数が過ぎていった場合、バイヤーはebayにケースを報告し、判断を委ねることができ、問題解決の判断がeBayに委ねられた時点で「Cases closed without seller resolution」としてカウントされます




この評価項目は他の項目と違い、Top Rated か Below Standard の2つしかありません。つまり真ん中がなく、トップか最下位かのどちらかしかないのです!
ある日突然Top Rated からBelow Standardに落ちてしまうことがあり得ます。



この項目は一番気をつけなければいけない項目ですよ!




取り引き数の母数が多ければ、数件程度はカバーできるかもしれませんが、取り引き数が少ない状態での1件は、致命的なダメージとなります。




ケースが開かれたら、とにかく素早い対応と、場合によってはすぐに返金するなど、バイヤーがebayへ判断を委ねる前に解決しましょう!



Tracking uploaded on time and validated:有効な追跡番号を期日内に反映


テキスト

この項目は、荷物のトラッキングナンバー(追跡番号)がハンドリングタイム以内で且つ有効なものがアップロードされているの割合が示されています。




評価項目2番目の「Late shipment rate:発送遅延の割合」はハンドリングタイム以内に発送したかどうかの割合ですが、ここではトラッキングナンバー(追跡番号)の有効性が測られています。




評価項目は、「アップロードされていない」「アップロードの遅延」アップロードされているが、運送会社にて認識されていない」の3種類です。過去3ヶ月間全体の取引数において、アップロード率が95%以上であれば、Top-ratedを維持することが出来ます。




こちらの項目は、追跡番号に着目された評価項目となっていますので、追跡番号をつけずに発送した場合は「アップロードされているが、運送会社にて認識されていない」の数字が上がっていきますので、Top Ratedの要件を満たすことが出来なくなります。




ただし、戦略的にTop Ratedを目指さず、安価な商品を、安い配送方法(追跡番号無しで)で大量発送して利益を上げていくという手法もありますので、そこは各自の考え方だと思います。



Transactions and sales:取引と売上


テキスト

取引数と売上高が示されています。Top Rated Sellerになるためには、過去12ヶ月間で、アメリカ人バイヤーと100以上の取引数と、$1,000以上の売上が条件となります。




取引件数はアメリカ人バイヤーとの取引が1件としてカウントされますので、ヨーロッパ、アジア、南米バイヤーとの取引はカウントされません。




100件以上というとすごーーーく難しそうなイメージかもしれませんが、コツコツ取引をこなしていくと、思ったより早く達成できますよ(^O^)/



エリア別のセラーレベルについて

上では、USAエリアのセラーレベル、評価基準について説明しましたが、実はebayにはUSAだけではなく、他のエリアのセラーレベルも評価されています。

USA以外のエリアは以下となります。


テキスト



1. USA
2. UK,Ireland 
3. Germany,Austria,Switzerland 
4. Global ( 1.2.3 以外すべてのエリア)




これらのエリア毎にそれぞれ評価基準が設けられているのですが、USAが一番厳しい基準となっていますので、USAで良い評価内容をキープしていれば、他の地域は必然的に良い評価を取ることができます。

まとめ





今回はセラーレベルと評価基準について説明していきました。このセラーレベルというのは、ebayでの取引を継続していく上で非常に大切な項目です。




毎日というのは難しいかもしれませんが、自分のセラーレベルを確認する習慣をつけることが大切です。




頻繁に確認することで万が一、翌月の評価予想がBelow Standardの予測となっていれば、早目に対策が取れますよね。ある日突然Below Standardに落ちていたら、そこから這い上がるために、かなりの労力を要しますので気をつけましょう(^O^)/